老後の医療費は200万円あれば足りそうです。

老後の医療費は200万円あれば足りそうです。

健康保険には、「高額療養費」制度があり、
また、自分の入院保険
日額3000円程度の保障にして、
これに「先進医療特約」をつけておけば、たいていは大丈夫なのは、
前ページでわかりましたね?

 

 

この入院保険にしましても、
そのリスクは本当に入院保険に頼るべきか?」
の項で紹介したように、損害の大きさや、
実際に起こる確率や、コスト
対効果などを考え、そもそもリスクヘッジを自分でおこなうことができる。

 

 

すなわち、自分の預貯金などで、将来のお金の不安に
対処できるなほど蓄えがあるのなら、
保険に入る必要はありませんよね。

 

 

「病気になってお金がかかっても、
月8万?9万円程度なら、
そのときは自分のサイフからだせばいいや」と思い、
将来の医療費負担に大きな不安を感じることがないのなら、
わざわざ入院保険に入る必要はないということです。

 

 

それでも、特に年配の方々は、
「何か病と院の世話になることが多くなる、
老後の医療費が心配だな」と思っている方々が多いと思います。
そのことに関して、このようなデータが有ります。

 

 

「退職後から死ぬまでにかかる医療費の
自己負担額は、一般的に200万円もあれば足りる

 

これはもちろん、人によりけりなのですが、
このデータから、高額な費用が絶対に
必要になるわけでないのがわかると思います。

 

 

このようなデータを参考に、入院保険を選択する前に、
本当に入る必要があるのか、
考えるようにしてほしいと思います。

 

 

また、殆どの方々が、単なる入院保険だと思って
入ってる保険、検討している保険は、
実際には主契約が医療保険になっているが、
その上にさまざまな死亡保障の特約が3000万円、5000万円とついている
ケースがたくさんあるので注意して欲しいです。

 

 

死亡保険の章で説明しましたが、
「余計な特約は不必要」ですから、
特に、死亡保障よりも入院保障を重視している場合には、
死亡保障の特約はつけないようにしましょう。

 

 

それよりも、逆に、ぜひともつけておくべきなのは、
先進医療特約だと思います。

 

自営業の人に有利な「所得補償保険」とは?のページに進む